いずみん

不動産のプロの試験とは?

この記事では、どんな試験なのかを解説いたします。

飲食店の営業職として働くいずみんです。

宅地建物取引士の試験を8ヶ月独学で合格しました。

本記事では、宅建試験の概要と、独学で合格するための勉強方法をわかりやすく解説します。

宅地建物取引士の試験とは?宅建独学合格者が解説!

宅地建物取引士の試験は、1次試験と2次試験の2段階で構成されています。

1次試験は、マークシート方式で、択一式問題と記述式問題があります。

2次試験は、記述式問題のみで、宅地建物取引に関する実務に関する問題と、宅地建物取引に関する法令に関する問題が出題されます。

宅地建物取引士の試験は、宅地建物取引業法に基づく国家資格試験です。宅地建物取引業を営もうとする者は、この試験に合格し、国土交通大臣又は都道府県知事から宅地建物取引士の免許を受けなければならず、不動産の売買や賃貸などの不動産取引に携わる際に必要となる資格です。

試験は、毎年1月に1回、全国で実施されます。試験時間は2時間で、50問の4肢択一式のマークシート方式で出題されます。合格点は、受験人数や合格率の調整のために、毎年変動します。

試験の科目は、以下の5つです。

  • 民法等(14問)
  • 宅建業法(20問)
  • 法令上の制限(8問)
  • その他関連知識(8問)

民法等では、不動産に関する権利関係や債権、相続などの民法の知識が問われます。宅建業法では、宅地建物取引業法の基本的な内容や、宅地建物取引の業務に必要な知識が問われます。法令上の制限では、不動産取引における法令上の制限に関する知識が問われます。その他関連知識では、不動産取引に関連する税法や建築基準法などの知識が問われます。

試験の難易度は、比較的高いと言われています。合格率は、近年は10%前後で推移しています。

宅地建物取引士の資格は、不動産業界で就職や転職に有利となる資格です。また、不動産に関する知識やスキルを身につけることができるため、不動産投資や相続などの個人的な資産運用にも役立ちます。

いずみん

宅地建物取引士の試験に合格するには、しっかりとした勉強が必要です。独学で勉強することも可能ですが、通信講座や予備校などの講座を利用すると、効率的に勉強を進めることができます。

資格試験とは?自分自身への投資と未来への挑戦!宅建独学合格者が解説!

資格を取るということは、知識や技術を身につけるということだけではありません。それは、自分自身への投資であり、未来への挑戦でもあります。

資格を取ることで、以下のメリットを得ることができます。

資格取得のメリットとは?
  • 知識や技術を身につけ、仕事やプライベートで活躍できる
  • 収入アップやキャリアアップのチャンスを広げられる
  • 社会的信用やステータスがアップする
宅建士の独占業務
  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書(35条書面)のへの記名・押印
  • 契約書(37条書面)への記名・押印

これらはどんなに優秀な不動産営業マンでも宅建の資格がないと法律上やってはいけないのです。ですから、宅建資格があるということは不動産業界にとても大切なことです。

具体的には
  • 不動産に関するニュースやトレンドに関する記事の執筆
  • 不動産投資に関する情報やノウハウに関する記事の執筆
  • 不動産の売買や賃貸に関する解説記事の執筆
  • 不動産のマーケティングや広報に関するコンテンツの作成

宅建ライターとして

不動産業界での経験や知識を積んでいくと宅建ライターとして不動産に関する記事やコンテンツを執筆する仕事にも従事することもできます。

宅建ライターは、不動産に関する情報やコンテンツの需要拡大や宅地建物取引士の資格を取得する人の増加から近年増加傾向にもなっています。

建設業界での活躍!

建設業界では、建築士がいれば家を建築することはできますが、建築した不動産の販売や賃貸は宅建士がいなければできません。

そのため、自社で不動産取引を行うことができるように、建設会社の中に不動産部門を設置して宅建士を雇用するといった会社もあります。

そのため建設業界でも宅建士は必要とされており、宅建士資格は建設業界でも有利であることが分かります。

金融業界での需要

この業界では、住宅ローンの融資や、不動産の担保評価、不動産投資のコンサルティング等です。

これらは、不動産に関する専門知識やスキルが求められるため、宅建士の資格は必須です。

また、金融業界は、不動産を扱う機会が多いため、宅建士の資格を持っていると、就職や転職で有利になります。

資格を取得することは?宅建独学合格者が解説! #フクナビ宅建独学

資格を取得することは、自分自身への投資であり、未来への挑戦!その結果、得られることもたくさんあります。

得られるものは!?
  • 知識や技術を身につけ、仕事やプライベートで活躍できる
  • 収入アップやキャリアアップのチャンスを広げられる
  • 社会的信用やステータスがアップする

いずみん

上記のとおり、年収アップも現実的になってきます。

何より宅建に合格するということはご自身の努力が実を結ぶということです。読者の方が資格試験を受験することで、幸せへの第一歩を踏み出していただけましたら嬉しいです。