宅建試験は、独学でも合格できる難易度の資格試験です。しかし、独学で合格するためには、効率的な勉強法で学習を進めることが重要です。


宅建試験は独学で合格できる?

不動産取引の専門家として活躍するためには、宅地建物取引士(宅建士)の資格が必要です。宅建士の資格は、毎年30万人以上が受験する人気資格ですが、独学での合格は可能でしょうか?

結論から言うと、宅建士の資格は独学で合格することは十分可能です。

過去5年間の合格率は、2023年度が29.1%、2022年度が31.6%、2021年度が32.9%、2020年度が30.8%、2019年度が29.6%と、年々上昇傾向にあります。

この背景には、宅建試験の過去問対策が有効であることが挙げられます。宅建試験の過去問は、出題傾向が似通っているため、過去問を解き込むことで、合格に必要な知識と解法を身につけることができます。

では、独学で宅建士に合格するためには、どのような勉強法が効果的でしょうか?

いずみん

本記事では、独学での宅建士合格に役立つ勉強法をご紹介します。

宅建おすすめの勉強法とは? #宅建独学 合格する方法を解説!

ここでは、独学での宅建合格におすすめの勉強法をご紹介します。

1. テキストと過去問をセットで選ぶ

宅建試験の勉強には、テキストと過去問が欠かせません。テキストは、試験の範囲と内容を理解するためのものであり、過去問は、試験問題の傾向と解き方を身につけるためのものです。

テキストを選ぶ際には、解説がしっかりとあり、暗記しやすいようポイント中心にまとめられているものを選びましょう。また、テキストと過去問は同じシリーズのものを選ぶと、テキストの内容を理解した上で過去問を解くことができるため、効率的に学習を進めることができます。

2. テキストを読み込んでから過去問を解く

テキストを読み込む前に過去問を解くと、わからないところばかりで挫折してしまう可能性があります。まずは、テキストを読み込んで全体像を把握し、基本的な知識を身につけましょう。

テキストを読み込んだら、過去問を解いて、実際に問題を解く力を身につけましょう。過去問を解く際には、問題の趣旨を理解した上で、解説を読み、テキストに戻って確認するようにしましょう。

3. 過去問を何度も解く

過去問を解く際には、1回解いたら終わりではなく、何度も繰り返し解くことが大切です。過去問を繰り返し解くことで、知識の定着を図り、解答時間の短縮を図ることができます。

また、過去問を解く際には、問題を解く上での考え方を理解することも重要です。問題を解くためのポイントや、出題者の意図を理解することで、本試験でも対応しやすくなります。

4. 模試や予想問題集を活用する

過去問を繰り返し解いた後は、模試や予想問題集を活用して、実力を試してみましょう。模試や予想問題集を解くことで、自分の弱点を把握し、対策を立てることができます。

また、模試や予想問題集は、本試験と同じ形式の問題が出題されているため、本番への慣れや、時間配分の感覚をつかむことができるというメリットもあります。

5. スケジュールを立てて計画的に学習する

宅建試験の合格には、ある程度の勉強時間が必要です。そのため、スケジュールを立てて計画的に学習を進めることが大切です。

スケジュールを立てる際には、自分のライフスタイルや、これまでの学習状況を考慮して、無理のないスケジュールを立てるようにしましょう。

また、スケジュールを立てた後は、しっかりと守るようにしましょう。スケジュールを守ることで、モチベーションを維持し、学習を継続しやすくなります。

いずみん

宅建試験の独学合格は、決して不可能ではありません。しかし、効率的な勉強法で学習を進めることが重要です。

ご紹介した勉強法を参考に、ぜひ独学で宅建試験に合格を目指してください。

#宅建独学で合格 の勉強法?テキストについて解説!

ご自身でこれと決めたテキストと同じシリーズの過去問の往復です!

特に過去問を【何度も解いて解きまくる!】単純なようですが、正直これに尽きます!

テキスト選び方のポイントは?

テキスト選びのポイント
  • 解説がしっかりとあるもの
  • 暗記しやすいようポイント中心のもの
  • テキストと過去問は同じシリーズのもの
  • 最新のテキストを使う

ご自身で手にとって中身をみてこれだと思おうものをおすすめします。本試験までの大切な相棒ですから♪

テキストを読み込んでから過去か、それともいきなり過去問か?これは意見の分かれるところですが私は前者でした。理由はいきなり問題を解くことに抵抗があったからでした。テキストがわかりやすかったので割と進めやすかったです。

ここで1つやってはいけないことをお伝えします。テキストがわかりにくいからと、あれこれいろんな参考書に手をだすこれはとても危険です。実は私がこれをやって過去のに失敗した経験があります。知識の定着には時間がかかるのはごく普通のことです。わからないところは最初はとばしても大丈夫。何度も繰り返して学習することが合格への近道です。テキストはもちろん、過去問も1冊で大丈夫です。問題を多く解くことが合格に直結ということではないです。

過去問を解く!

問題趣旨の理解はもちろん、その論点の周辺知識もおさえよう!

過去問を解いて解説を読み、テキストに戻る。これをとにかく繰り返しましょう!資格試験には暗記は必須ですが、やみくもな暗記では知識にまとまりがなく、ひっかけ問題に素直に引っかかってしまう危険があるからです。

何度も繰り返していくと、突然頭にすっと入ってくる。脳って不思議です。そしてそれを続けていくと科目ごとの知識の点と点が一本の線につながっていきますよ!知識のシンデレラフィット!この瞬間を経験していただきたい!

例年、本試験で難問奇問は必ず出題されます。そこを落としたとしても、合否に影響があるということはありません。しかし、過去問で問われていることは、形を変えて出題されるのが本試験。過去問を制する者は、宅建試験を制するのです。

過去問を何度か繰り返したら模試の問題を解いてみよう! #フクナビ宅建解説!

過去問を解けるようになった後、初見の問題を解いて本試験の練習をしましょう。もちろん、本試験は初見の問題です。

また、模試の問題は本試験同様に2時間50問の形式で出題されており、科目ごとの問題も同じ数、同じ流れで出題されています。普段の勉強は、科目ごと・分野ごとなので、試験問題全体を同じ時間で解くということも試験当日に勝つためにはとても大事なことです。

模試について
  • 過去問で問われている論点を落とさないようにしよう!
  • 予備校の模試を受けすぎない。(自分のペースを守ろう)

ただし模試の問題は過去問から外れたマニアックな問題が出題されることもあるので、Aランクの問題で、過去問でも問われているところを中心に復習し、マニアックな細かな知識に引きずられないようにしましょう!このときに周辺知識の確認も忘れずに!

過去問で出題されているかどうかを知るためにも、過去問を解き、理解することが大切ですね。受験される方の大切な時間、合格に必要なことだけに集中させたいですよね。

また、模試の受験頻度は、自分のレベルによっても異なります。初心者の場合は、1か月に1回程度の受験がおすすめです。ある程度のレベルに達している場合は、2か月に1回程度の受験でもよいでしょう。

宅建独学で知らないと損する模試の重要性! #フクナビ宅建解説!

宅建試験の合格を目指すうえで、過去問を繰り返し解くことは非常に重要です。過去問を解くことで、試験問題の傾向と解き方を身につけることができます。また、知識の定着にもつながります。

しかし、過去問を繰り返し解くだけでは、本試験で合格するためには十分ではありません。本試験では、過去問で出題された論点以外にも、新しい論点やマニアックな問題が出題されることがあります。

そのため、過去問を繰り返し解いた後は、模試の問題を解いて、初見の問題に慣れ、自分の弱点や課題を把握することが重要です。

模試のメリット

模試を解くことで得られるメリットは、以下のとおりです。

  • 初見の問題に慣れることができる
  • 自分の弱点や課題を把握することができる
  • 本番の試験時間に慣れることができる