宅建試験の合格率は約30%と、決して高いわけではありません。

そのため、合格するためには、しっかりとした勉強計画を立てて、着実に学習を進めることが重要です。

試験2ヶ月前になると、いよいよ本番が近づいてきます。この時期は、これまでの学習の成果をまとめ、本番に向けて万全の体制を整える時期です。

いずみん

試験2ヶ月前からすべきことを以下にまとめました。参考にして頂けたら嬉しいです!!

宅建試験2ヶ月前にすべきこととは? #フクナビ宅建独学

本試験2ヶ月前からの、試験直前期には、各予備校で行われる模試も1度は受けることもおすすめします。通信もありますが、できれば会場受験が良いです。試験当日の緊張感も含めて体験されておくと、本番での緊張も程よいものになるからです。予備校ごとに問題の傾向もあるのでいくつかの模試を受けることもお勧めです。

この時は試験当日と同じ動き、食事の時間も内容もご自身でシュミレーションしながら(合格のイメージも膨らませつつ)行動してみてください。合格の先にあるもの、それも想像できるとモチベーションアップもできます。

1. 過去問演習を徹底する

宅建試験は、過去問から出題される問題が多い傾向にあります。そのため、過去問演習を徹底して、出題傾向や解き方を把握しておくことが重要です。

過去問演習をする際には、以下の点に注意しましょう。

  • 制限時間内に解答できるようにする
  • 間違えた問題は、必ず復習する
  • 苦手分野を重点的に学習する

2. 弱点克服に集中する

過去問演習で苦手分野が見えてきたら、その分野の学習に集中しましょう。

苦手分野を克服するためには、以下の方法が有効です。

  • テキストや問題集を繰り返し解く
  • 講義やセミナーを受講する
  • プロの家庭教師やコーチに相談する

3. 本番形式の模擬試験を受ける

模擬試験を受けて、自分の実力を客観的に把握しましょう。模擬試験で苦手分野や時間配分などを確認して、改善点を洗い出し、対策を立てましょう。

模擬試験を受ける際には、以下の点に注意しましょう。

  • 制限時間内に解答できるようにする
  • 本番と同じように、机や椅子、筆記用具を用意する
  • 模擬試験の結果を分析して、改善点を検討する

具体的な勉強法としては、以下のようなものが考えられます。

  • 苦手分野については、テキストや問題集の該当箇所を重点的に復習する。
  • 過去問演習では、解答解説を読んで、自分の理解度を確認する。
  • 模擬試験では、時間配分や解答のスピード感を意識して解く。

また、直前期は体調管理も重要です。十分な睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

以下に、2ヶ月前の勉強スケジュールの例をご紹介します。

1ヶ月目

  • 過去問演習(1日1問)
  • 苦手分野の対策
  • 模擬試験(1回)

2ヶ月目

  • 過去問演習(1日2問)
  • 苦手分野の対策
  • 模擬試験(1回)

このスケジュールはあくまでも一例ですので、自分の学習状況に合わせて調整してください。

4. 体調管理を徹底する

試験当日は、体調が万全であることが大切です。

試験前日は、早めに就寝して、十分な睡眠をとるようにしましょう。また、食事や運動などにも気を配り、健康的な生活を心がけましょう。

いずみん

宅建試験2ヶ月前は、これまでの学習の成果をまとめ、本番に向けて万全の体制を整える時期です。過去問演習を徹底して、苦手分野を克服し、本番形式の模擬試験を受けて、体調管理も徹底して、合格を目指しましょう。